木材の再利用の流れ

Reuse of wood

木材・樹木の木廃材、間伐材、端材などを有効活用し、再びし資源へ

森林・樹木の木廃材、間伐材、端材などを有効利用し、再び資源へ

ご家庭や公共施設・発電施設などで再利用されています

11 (002).gif

さまざまな木材のチップ加工をしております

造成工事・工事支障木、老木、造園・剪定作業時の木廃材や間伐材、林地材木

どんな木がチップ加工されて、

どのように使用されるのでしょうか

造成工事・工事支障木や老木、造園・剪定作業時に発生する木廃材、間伐によって発生する間伐材、山林に放置されている林地残材が主に再利用され、木材加工の際に出る端材や剪定くず、小径木、背板などの未利用資源をさまざまな製品の原料である木質チップに加工しております。


加工後、製紙材料や木質ボード、ガーデニング資材、ドッグラン、バイオマス燃料、燻蒸など様々な用途に用いられるようになります。

木材チップ、木質バイオマスは、加工後幅広い分野へ利用されます

曲がりや割れのために製材用としては使えない原木や樹皮、背板などの木材をチッパー機で小さく切り刻んだものが木材チップになります。加工する機械の種類や工程で木材の繊維を潰すことなく、質の良い木材チップを作ることができます。

木材チップ・木質バイオマスは加工後幅広い分野へ利用されます

紙製品

加工された木材チップは、製紙工場で紙の原料、木材パルプになり様々な紙製品となり利用されています。

木質圧縮ボード(MDF)

木材チップを原料とし、これを蒸煮・解繊したものに合成樹脂を加えて成形するのがMDF(中質繊維板)です。


MDF材は、材質が均質で表面が硬く平滑で水や湿度に対する寸法安定性にも優れているため、家具・木工用、住宅設備機器(システムキッチンの扉、収納家具の扉等)住宅の壁材、回縁、ドア・窓枠、ドアの面材など幅広い用途で、木材を無駄なく活用し高品質な木質材料として生まれ変わります。

燃料用

再生可能エネルギー燃料(木質系バイオマス)として、搬出利用されています。
燃料用として利用され、主に木質チップや木質ペレットに加工後、木材産業や公共施設、発電所等の施設でエネルギー利用されています。